2007年10月18日

100万パワー

たとえばの話し、

ここに、女性Aがいる
男性Bと恋に落ち100万パワーの愛を与えることが出来た。
時は過ぎ、運命は残酷に二人の行き先を別ちたもうた
Aに今まで与えられてきた100万パワーが突然立ち消えてしまう
その喪失感から、Aは恋愛を避けるようになる・・・

今ここに、Nという男がいる
この男は、100万パワーの愛を注いでいるつもりでも
実際のところ、50万パワーに届くか届かないかくらいの愛しか与えられない
そして、それは本人も重々承知していた・・・

NはAと出会ってからずっと、思いを寄せるが
50万パワーにずっと自信が持てないでいて
ずっと思いを告げることをしてこなかった
だがここ最近、Nは焦りを感じA仁思いを告げる
AはNには好意とまでは言わないが、ある程度の親しみを感じてはいた
50万パワーの愛も、向けられていることには嫌悪を感じることもないという
ただ、Bの100万パワーの愛がまだ自分に注がれる可能性がある限り
Nからいくら50万パワーを注がれても
それに答えることはないという。

さて、ここで問題です
NはBに何を望んでいるのでしょうか?
そして、もしNからAに向いた矢印に
Aが答えを出そうとする時に100万−50万=50万のこの差を
Nは何で埋めればいいのでしょうか?
そして、Nはどんな病気にかかっているのでしょうか?

設問者:N
posted by ノブロゥ at 23:18| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 被害者妄想ファイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。