2007年09月10日

生皮の誘惑A

えーと、前回は入店してから店の様子をざらっと説明するまででしたね

ではメニューをさらりと、
まずは餃子、水餃子とメインがありまして
さらに焼肉やモツ煮込み、塩焼きそばやラーメン
あとなんだっけ??忘れちゃったですねー
飲み物はビールにお酒、老酒など中国のお酒あり
野菜がいっぱい付け合せてあったりするそうで
なかなかヘルシーなメニューぞろいでした

さあメインの餃子についてですよ!
こちらのギョーザは一枚づつ小さい麺棒で丁寧に広げて作る生の皮で
青森のニンニクのタップリ入ったキャベツベースの餡を包むモノ
馴れた手つきで皮に具を載せあっという間に包み込むのは、さすが熟練の技で
お客と話しながらどんどん作られてゆきます。

ギョーザを焼くのは使い込まれた直径40cmくらいの円形の鉄なべです、
よく熱せられた鉄板にギョーザを並べていき、
焼き目が付く前に水を入れてはじめに蒸し上げていく
こうすると、蒸し上げた後に焼き目を付けることになり
べっちょりすることもなく蒸した後のふっくら感も
焼き目のカリカリも両方楽しめるとの事
こうして焼きあがったのが、コチラ
gyoza_1.jpg

表側は生皮の柔らかい食感、具が透けて見えます〜
gyoza_2.JPG

中味は野菜タップリでヘルシー、ニンニクや肉の臭みが無いのは仕込みの丁寧さか?
gyoza_3.JPG

カウンターで隣り合わせた常連のお客さんに色々教えて頂きながらお食事出来たので
初めて入ったお店だったのですが、凄く楽しむことが出来ました。
さて、次は仲間を連れて看板の電気が付いてからお邪魔しましょうか
posted by ノブロゥ at 20:40| 長野 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 食べる事と飲む事と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

餃子のことならチャンピオン!!関西のひと
Excerpt: 鍋用餃子(水餃子) こちらの餃子は鍋やスープによく合うワンタンタイプの餃子です。スープ用餃子の皮のとろとろつるつるした食感を十分に味わえるように仕上げています。焼き餃子用と同じ野菜を中心とした具を包み..
Weblog: 餃子が最高によかった
Tracked: 2007-09-11 13:50
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。