2007年09月08日

生皮の誘惑@

前々から気になっていた諏訪のとある小路にある餃子屋に、
帰宅時の空腹も手伝って入ってみようと思ったが、、、

なんか看板の電気がついていないよ、、、
でも暖簾が出ているから、やっているんだよな???
そして目の前を一人の男性が横切って、、、店に、入っていった!
やっていると判断して踏み込むことにした

店内はテーブル席4つと8人くらいがかけられるカウンター、
そしてカウンターの奥にはお母さんが一人
手元には細長くて短い麺棒で小麦粉のお団子をひたすら広げている
まずはじめに”時間がかかるけど待てる?”と聞かれた
どうしても気になっていた餃子をやっと食べにこれたんですから
当然待てます、と応じる
聞けば、まだ店を開けていないとの事、、、
開店時間は何時ですか?と聞きなおすと
『準備が終わったら開店だよ』だそうだ
僕の大好きな雰囲気のお店だ、この店は間違いない

―続く
posted by ノブロゥ at 15:16| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べる事と飲む事と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。